まとまったお金が必要なら!不動産担保ローンは上限額が高い

不動産担保ローンは自由な使い方ができるローン

まとまったお金が必要なら!不動産担保ローンは上限額が高い

男女

不動産担保ローンとは

不動産担保ローンとは、簡単に言うと住宅や土地などの不動産を担保とし、金融業者からお金を借りるものです。カードローンの場合は、収入や雇用形態・勤め先などから信用度をはかりますが、不動産担保ローンはその不動産の価値も信用度に入ります。融資限度額がカードローンに比べて高いので、大阪で不動産を持っているなら、利用するのもいいでしょう。

使い道はいろいろ

カードローンよりも融資額が高額なので、カードローンでは足りないケースに利用するといいでしょう。例えば、自宅や事務所を大規模にリフォームするときや、私立大学などの通常よりも高額な学費がかかるときにはとても便利なローンです。また、限度額が高く金利も低いので、借り入れを複数している場合は、おまとめローンとして使ってもいいでしょう。

ローンを組む前に手数料を確認する

メリットも多い不動産担保ローンですが、借入する際には多くの手数料がかかります。
・事務手数料
・登記費用
・印紙代
・火災保険料
・不動産鑑定料
などがかかりますが、登記費用や印紙代は契約金額によって異なるものの、大体合わせて10~20万円くらいかかると考えていいでしょう。また、事務手数料も10万円くらいかかるので、ローンを組む前によく考えるのが大切です。

広告募集中