キャッシングを考えるなら!金利について知っておこう

キャッシングの金利は上限金額に注目するといい

キャッシングを考えるなら!金利について知っておこう

マネー

金利とは

「金利」や「利息」という言葉を聞いたことがあると思いますが、これが何を示しているか、知らない人が多いでしょう。お金を借りるときには、借りた金額に利息を加えた金額を払う必要があります。その利息がいくらになるか、計算するのが金利です。

金利は割合で表示される

金利は〇%というように、割合で示されるものです。金利15%なら、借りた金額に対して、15%の利息を払うということです。基本的には「お金を1年間借りた場合の利息の割合」です。他にも、月利や日歩もありますが、キャッシングなどには基本的に使われません。

キャッシングには色々な種類がある

キャッシングする際には、いろいろなローンがあります。フリーローンや、不動産担保ローン、事業者ローンなどです。中には学生ローンといいうものもあります。自分に合ったものを見極めて、ローンを組みましょう。

金利について知っておきたいこと

上限が法律によって決められている

日本では、金利の上限が法律によって決められています。元金が10万円未満であれば上限は20%、100万円以上なら15%が上限となっています。これよりも高い金利を取ろうとする金融機関はないはずですが、もしあれば違法業者なので注意しましょう。

業者によって金利は変わる

金利の上限は法律で決められているのですが、決められた範囲内であれば金利設定は業者の自由です。少しでも利息を安くしたいと思うなら、金利の低い業者を選ぶといいですね。また、業者ごとに見比べてみるといいでしょう。

利息を少なくするには

利息を安くするのは、低金利の業者を選ぶのはわかりましたね。実はもう一つ方法があります。それは借入期間を短くすることです。同じ金利なら、1年間借りるよりも半年借りる方が利息が少なくなります。

上限金利に注目する

金利はたいてい「〇%~〇%」と表示されるものに幅があります。こういう時には、上限金利に注目するのがポイントです。利用者によって、何%の金利が適用されるかが異なります。最初は、上限金利が適用されることがほとんどなので、上限をチェックした方がいいのです。

広告募集中